モビットで即日キャッシング申し込んだあとの返済方法

モビットカードローンの返済方法は?

 

 

モビットのカードローンでお金を借りるのは良いけど、どうやって返済すればよいのだろう、無理なく返済していくことは出来るだろうか。

 

 

カードローンに対してこのような不安を抱いている方は多いのではないでしょうか?

 

お金を借りることばかりしか考えず、返済方法など返済を気にせずキャッシングしている方は意外と多いようです。

 

そこで今回はモビットの返済方法について解説していきたいと思います。

 

 

 

モビットカードローンの返済方法は大きく3つに分けられます。

 

口座振替・提携ATM・銀行振込となります。

 

因みにモビットでは直接返済できるネットバンキングはありませんので、ネットでの返済は銀行振込による返済ということになります。

 

またモビットでは専用のATMがありませんので、基本的に利用手数料がかかってきますので注意が必要です。

 

 

 

モビットの公式ホームページには返済方法についての情報は、必要最低限のことしか書かれていません。

 

ですから、何も知らずに返済を続けていると実は大きな損をしてしまう可能性もあるのです。

 

ではそれぞれの返済方法について見ていきましょう。

 

 

 

まずは口座振替です。

 

口座振替は預金口座から自動で引き落とされる返済方法です。

 

メリットは手数料がかからないこと、自動で返済されるので返済を忘れることがないこと、窓口やATMに行かなくても返済できることです。

 

銀行振込ですと振込手数料が、ATMなら利用手数料がかかりますが、口座振替なら手数料は無料です。

 

そのことを考えると口座振替による返済はメリットが大きいですね。

 

 

 

但し、口座振替に指定できる銀行は三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行のみとなります。

 

しかも口座振替に切り替えするには手続きが必要で2ヶ月ほど期間を要します。

 

口座振替に切り替わるまで振込若しくはATMで返済しなければいけません。

 

 

 

口座振替に切り替える場合はコールセンターに電話押して口座振替の申し込みを行います。

 

その後、郵送される預金口座振替依頼書に必要事項を記入して返送します。

 

銀行への届け印も必要となりますので注意しましょう。

 

手続きが完了すると電話かメールにて通知が届きます。

 

 

 

次に銀行振込です。

 

指定された銀行に振込をして返済する方法です。

 

振込再起は三井住友銀行から三菱東京UFJ銀行のどちらかを任意で選ぶことが出来ます。

 

金融機関と時間帯に応じて振込手数料が発生します。

 

返済日の14時までに振込しないと間に合わない可能性が高く、その場合は延滞扱いとなりますので注意しましょう。

 

銀行振込による返済でネックとなるのが手数料ですね。

 

そこでオススメの返済方法がネットバンキングを利用しての振込返済です。

 

ソニー銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、新生銀行はいずれも月に1回以上は他行への振込手数料が無料となります。

 

ネットバンキングならATMや行く手間も省けますので非常に便利かつお得です。

 

 

 

最後にATM返済です。

 

モビットでは専用ATMはなく提携ATMを使用して返済となります。

 

都市銀行は三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行、ネット銀行はセブン銀行とイオン銀行、その他コンビニや地方銀行、駅に設置されたATMでも対応しています。

 

 

 

ATM返済のメリットは銀行振込とは違って遅い時間帯での返済でもその日の返済に間に合うことです。

 

またコンビニのマルチ端末なら手数料がかかりません。

 

基本的には108円〜216円の利用手数料がかかります。

 

また1回あたりの入金額に制限がかかることもありますので注意が必要です。

 

 

 

モビットの返済日は5日・15日・25日・末日から好きな日を選ぶことが出来ます。

 

但し、初回の返済日は借入日によって決まりますので、一度必ず確認しておくと良いです。

 

 

 

毎月の返済額は最小返済額以上を支払いする必要があります。

 

モビットカードローンの最小返済額は借入残高に応じて決まります。

 

例えば借入残高が10万円以下であれば最小返済額は4000円、借入残高が10万円超20万円未満なら8000円といったように、借入残高が多くなれば最小返済額は

 

増えていきます。

 

 

 

もちろん最小返済額以上を支払うことも可能です。

 

余裕のある時は多めに支払うと利息を抑えられるようになりますのでオススメの返済方法と言えます。

 

最小返済額以上の金額は全て元金の返済に充てられます。

 

利息は元金に対しかかりますから元金が少なくなれば、当然利息は少なくなります。

 

ですから少しでも利息を抑えたいのであれば追加返済することです。

 

 

 

 

 

即日キャッシングの申し込み法

 

即日キャッシングは、思いがけず現金が入り用になった時に役立ちます。

 

 

 

融資を希望する時は何をすればいいでしょう。近年では、インターネットからの申し込み手続きを利用する人が多いようです。

 

 

 

即日キャッシングの申込みから審査結果の確認、本人確認書類の提出まですべてネット上で行います。

 

 

 

審査結果の確認、本人確認書類の提出まで全部WEB上で行えます。

 

 

 

インターネット環境が整っていれば、書類をわざわざ書かなくても端末からの操作だけで済ませることができます。

 

 

 

たくさんの人が使っています。

 

 

 

書類を送る時はどうしても時間がかかりますが、インターネットを使えばタイムラグなしで相手に情報が送れます。

 

 

 

全ての人がうまくいくものではないですが、審査に通りさえすればスピーディに融資が受けられます。

 

 

 

手続きが全て終われば、即日キャッシングも可能です。

 

 

 

急ぎでお金が必要だという人はインターネットから即日キャッシングを申し込む方法が一番良いでしょう。

 

 

 

キャッシング会社によっては銀行のグループに入っているところもあります。

 

 

 

通帳を守っている銀行の関連する金融会社からのキャッシングならば、利便性の高い即日キャッシングができることがあります。

 

 

 

お得な即日キャッシングを使いたいという人は、検討してみるといいでしょう。

 

 

 

モビットで即日キャッシング申し込んだあとの返済方法関連ページ

モビットカードローン郵送物
モビットカードローンは家に郵送物はくる?在籍確認情報 即日キャッシング注意点